肌をうるおし保護する40代向け殿堂入り化粧品3選

40代の肌トラブルに対抗する基礎化粧品ガイド

肌をうるおし保護する40代向け殿堂入り化粧品3選
HOME » 40代スキンケア3つのキーワード

40代スキンケア3つのキーワード

肌の変化やさまざまな肌トラブルがあらわれる40代。人によっては、それまで使っていたスキンケア化粧品が肌に合わなくなったり、肌が敏感になって刺激を受けやすくなったりということもあるようです。そこで、40代のスキンケアで押さえておきたいポイントについてまとめてみました。

40代のスキンケアでもっとも大切なのは保湿

40代になると、多くの人が肌の乾燥を感じるようです。

肌のバリア機能を形成するための皮脂の分泌量は、20代から徐々に減少していきます。

また、皮膚のバリア機能を形成するや天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質の主成分であるセラミド、保水力の高いヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分は、年齢を重ねるごとに減っていくため、肌はどうしても乾燥しやすくなってしまいます。

さらに、40代になるとターンオーバーの周期が長くなり、古い角質がはがれにくくなって、肌の乾燥を悪化させてしまうようです。

「年齢的なものだし、乾燥は仕方ないよね~」と思ってしまいがちですが、お肌の乾燥はすべての肌トラブルの原因になるといっても過言ではありません。

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下して刺激を受けやすくなり、さまざまトラブルを引き起こしてしまうのです。

そのため、40代のスキンケアでもっとも大事にしたいのが保湿。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、グリセリンなど、保湿効果の高い成分が配合されたスキンケア化粧品を選ぶようにしましょう。

40代のスキンケア・保湿について詳しくはこちら≫≫

肌を保護するためのおすすめスキンケアはオイル

肌を十分に保湿した後は、そのうるおい肌をキープするためにも、しっかり保護してあげましょう。

肌を保護する役割を担っているのが皮脂。皮脂の分泌量が増えると、肌がべたついたりテカったり、化粧崩れの原因にもなるので、つい敬遠しがちですが、皮脂の重要な働きは、肌を保護することにあります。

皮脂は、汗腺から分泌された汗などの水分と混ざって、皮脂膜を形成します。本来、混ざるはずのない油(皮脂)と水が混ざるのは、皮脂に含まれているコレステロールやリン脂質が乳化剤の役割を果たしているからです。これによって皮脂と汗がほどよく混ざり、皮脂膜は天然の保護クリームとして働きます。

皮脂膜は通常、弱酸性を保っています。これは、皮脂に含まれている脂肪酸や、汗に含まれている乳酸、アミノ酸によるものです。弱酸性に保たれることによって、細菌やカビが繁殖するのを防ぎます。

また、肌には表皮ブドウ球菌やアクネ菌、黄色ブドウ球菌、マラセチア真菌などの常在菌がいて、私たちの肌を守ってくれているのです。これらの菌は皮脂をエサにしていますから、皮脂がなくなってしまうと、常在菌のエサがなくなってしまい、十分に働けなくなってしまいます。

前述のとおり、皮脂の分泌量は20代から減少し始めていきます。皮脂の量が減るということは、皮脂膜の原料が減ってしまうということになり、肌のバリア機能の低下にもつながっていきます。

そこで、皮脂膜の代わりに好きスキンケア化粧品で油分を補い、肌を保護してあげることが大切です。

乳液やクリーム、オイルなど、油分を補う化粧品はいろいろありますが、中でもおすすめはオイル。オイルは肌の組成に似ているため、肌へのなじみがいいのです。

さらにオイルは、肌の内部に浸透して、水分が蒸発するのを防ぎ、肌の保水力を高めてくれます。

肌の保水力がアップすると、バリア機能も高まり、肌トラブルも起こりにくくなります。

オイルが皮膚の油分を保ってくれるので、皮脂の過剰分泌も防げますし、オイルには新陳代謝を活発にする効果も期待できるのです。

40代のスキンケア・保護について詳しくはこちら≫≫

40代肌への刺激を軽減するため無添加化粧品を選ぶ

40代になると肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激が肌のトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

ですから、できるだけ、肌に刺激を与える成分は取り除きたいもの。そのため、添加物の少ない、無添加化粧品がおすすめです。

無添加というと、肌に刺激を与える恐れのある成分がすべて入っていないものと考えがちですが、「添加物が一切入っていないもの」ではなく、「添加物がひとつでも入っていないもの」であれば、「無添加」と表示することができるのです。

つまり、合成界面活性剤が入っていても、香料や着色料が入っていなければ無添加化粧品になってしまうのです。

そのため、そのスキンケア化粧品では、「何が」無添加になっているのかをきちんと確認しておくことが大切です。

たとえば、合成界面活性剤は、肌に必要なたんぱく質を壊してしまい、肌のバリア機能を低下させてしまうことがあります。

また、防腐剤は、私たちの肌を守ってくれている常在菌を殺してしまうことがありますし、合成ポリマーは、毛穴を塞いで肌のターンオーバーや自浄作用を妨げる場合があります。

肌への刺激を軽減させるだけでなく、肌本来の働きを守るためにも、できる限り添加物の入っていないものを選ぶようにしましょう。

スキンケア化粧品をラインで揃える場合でも、オールインワンタイプのものでも、「保湿」「保護」「無添加」の3つのキーワードが揃ったものがおすすめです。

40代のスキンケア・無添加について詳しくはこちら≫≫

殿堂入り40代の肌を変える化粧品ブランドはこちら

2層エッセンス
2層エッセンス商品画像

ワンステップでしっかり保湿。乾燥しらずの肌に育ててくれるオールインワン化粧品。安心の無添加です。

公式通販へ 商品詳細ページへ
RJスキンケア
RJスキンケア商品画像

保湿成分のメジャー選手「ローヤルゼリー」のエキスがたっぷり入ったスキンケアライン。

公式通販へ 商品詳細ページへ
アスタリフト
アスタリフト商品画像

アスタキサンチンやリコピンなど、アスタリフトならではの美容成分をふんだんに使った化粧品ライン。

公式通販へ 商品詳細ページへ

このサイトについて 私たち40代の美容ライター3人が、アンチエイジング効果が期待できる化粧品の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。さらに詳しい情報は通販サイトや公式ホームページで確かめてくださいね。

ページの先頭へ