肌をうるおし保護する40代向け殿堂入り化粧品3選

40代の肌トラブルに対抗する基礎化粧品ガイド

肌をうるおし保護する40代向け殿堂入り化粧品3選
HOME » アンチエイジング化粧品配合の美容成分リスト » ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

もともと人間の体内に存在している成分であるヒアルロン酸。加齢によってヒアルロン酸が減少していくと、お肌にもさまざまな影響が。ヒアルロン酸の働きや効果について紹介します。

化粧品の成分としても人気のヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、もともと、皮膚や関節、目などに存在しています。肌のヒアルロン酸は表皮の下の真皮層、コラーゲンやエラスチンなどの間にあり、たくさんの水分を保持して、肌にうるおいや柔軟性をもたらしているのです。

このヒアルロン酸は、年齢とともに減っていきます。すると、肌は十分な水分量を保持することができず、皮膚が乾燥し、ハリもなくなってしまいます。

ヒアルロン酸を生成しているのは、真皮にある線維芽細胞です。線維芽細胞は、加齢によって数が減っていきますが、紫外線やストレス、化粧品などの影響によっても、働きが衰えてしまうので注意が必要です。

ヒアルロン酸を化粧品から摂取する効果

加齢とともに減少していくヒアルロン酸を補うため、ヒアルロン酸を含む化粧品が人気なのですが、実は、ヒアルロン酸は分子が大きく、肌の角質層に留まってしまい、真皮には届かないといわれています。

化粧品に配合されているヒアルロン酸は、その保水力を肌の表面や角質層で発揮します。真皮まで浸透しなくても、肌表面や角質層の水分を抱え込んで、水分が蒸発するのを防ぎ、肌を乾燥から守ってくれるのです。

ヒアルロン酸は基本的には分子が大きいものなのですが、最近では、分子の小さいヒアルロン酸も開発されています。

分子が小さくなると、角質層の内部にまで浸透することができます。であれば、低分子のヒアルロン酸のほうがいいと思われそうですが、低分子のヒアルロン酸にも、高分子のヒアルロン酸にも、それぞれいいところがあります。

高分子(分子の大きい)ヒアルロン酸の利点

  • 水分が蒸発しにくく、長い時間、保湿効果が保てる
  • 使い心地がしっとりする

低分子(分子の小さい)ヒアルロン酸の利点

  • 角質の内部にまで浸透する
  • 使い心地はサラサラ

冬場や、肌の乾燥がひどい時などは、保湿効果が持続する高分子のヒアルロン酸、サラサラの使い心地が好きな人や、夏場で肌のべたつきが気になる場合には低分子のヒアルロン酸というように、季節や肌の状態に合わせて選んでみるのもいいかもしれません。

殿堂入り40代の肌を変える化粧品ブランドはこちら

2層エッセンス
2層エッセンス商品画像

ワンステップでしっかり保湿。乾燥しらずの肌に育ててくれるオールインワン化粧品。安心の無添加です。

公式通販へ 商品詳細ページへ
RJスキンケア
RJスキンケア商品画像

保湿成分のメジャー選手「ローヤルゼリー」のエキスがたっぷり入ったスキンケアライン。

公式通販へ 商品詳細ページへ
アスタリフト
アスタリフト商品画像

アスタキサンチンやリコピンなど、アスタリフトならではの美容成分をふんだんに使った化粧品ライン。

公式通販へ 商品詳細ページへ

このサイトについて 私たち40代の美容ライター3人が、アンチエイジング効果が期待できる化粧品の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。さらに詳しい情報は通販サイトや公式ホームページで確かめてくださいね。

ページの先頭へ